泡立たないシャンプー

シャンプーをする際、泡立ちが悪いと感じたことがある方も少なくないでしょう。
いつもと同じシャンプーを使用しているのに泡立ちが悪いという場合、仕方なく2度洗いをしたという方もいるでしょう。
しかし泡立ちが悪いからといって2度洗いを繰り返すと頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまい、乾燥やフケが発生するリスクがあります。

シャンプーが泡立たない原因は主に2つあります。
1つ目は髪の毛が脂や整髪剤のワックスで汚れていることです。
シャンプーは毎日行うことが理想的ですが、何日間もシャンプーをしないと髪の毛が脂でべた付いてきます。
髪の毛1本1本を脂がコーティングすることで泡立ちにくくなりますが、シャンプーの使用量を増やしたり、2度洗いをしたりしないようにしましょう。
脂により髪の毛がベタベタする場合は、シャンプーの前にお湯で洗うことでシャンプーが泡立ちやすくなります。
整髪剤が原因で泡立ちが悪い場合には、2度洗いが必要となります。
整髪剤に含まれる油分は水では落ちにくいので、1度シャンプーで大まかに整髪剤を落としたあと、もう1度シャンプーをして毛穴の奥までしっかり洗いましょう。
整髪剤のワックスをキレイに落とす方法に関しては、別頁に詳しくまとめましたのでそちらを参考にしてください。

2つ目の原因はシャンプーの特性によるものです。
シャンプーとは洗髪時に泡立ちやすいよう成分が調合されているので、泡立ちにくい場合は脂汚れや整髪剤が原因となる場合が多いです。
しかし近年注目されている「アミノ酸シャンプー」はシャンプーそのものが泡立ちにくい性質を持っています。
合成界面活性剤を含む一般的なシャンプーは、泡立ちがよい分洗浄力にも優れています。
しかし低刺激が特徴のアミノ酸シャンプーでは、刺激が少ない分洗浄力が弱く、泡立ちにくくなっています。
そのためアミノ酸シャンプーを使用する場合は2度洗いをすることでしっかり汚れを落とすことができますが、頭皮の肌質や健康状態を見ながら過剰に洗い過ぎないように気をつけましょう。

このようにシャンプーは目的によって期待できる効果や気をつけたいポイントが異なります。
また近年男性の間でも人気が高まりつつある「香りが持続するシャンプー」に関して別頁でご紹介していますので、興味がある方はチェックしてください。



<注目サイト>
切れ毛のケアや地肌への栄養補給が出来るシャンプーを扱っています >>> シャンプー 切れ毛

Copyright © 2014 目的別メンズシャンプーの使い方 All Rights Reserved.